Volkswagen
フォルクスワーゲン鈴鹿・四日市

感動するハナシ 記事一覧

こんばんは!

フォルクスワーゲン鈴鹿の中井です

ニュースで見て感動したのは四日市市にある建設会社様が福島原発の冷却に日本最大級のポンプ車『ドイツ製』を準備されたとのことで、同じく三重県人として誇りに思います

営業主任の別所氏が先週の休日に東北地震の募金をしておりましたので、今日は私も日本赤十字様に入金しました。

また再び募金できるように安全でエコフォルクスワーゲン沢山販売できるよう頑張りたいです。

 

ちなみに決算商談会今月末までとなっています。ぜひパワフル善良な三重県人の皆さまの力で東日本を救済しましょう。

 

ではショールームにてまたお会いしましょう

 

 

おはようございます。

フォルクスワーゲン鈴鹿の中井です。

東北地震の被災者の皆さまおよび親族、関係者の皆様に、心からお見舞いを申し上げ、被害からの復旧がなされることを心よりお祈り申し上げます。

私はフォルクスワーゲン車を15年前に知ってからドイツという国にも関心を持つようになり、今回の地震の件でドイツ関連記事が無いかと検索してみたら以下のような記事がありました。

 

東日本大震災を受けて、ドイツのNGO団体「humedica」(フメディカ)の先遣隊が
12日午後、成田空港に到着し、メンバーは「状況を確実に把握できていないが、
被災地に住んでいた人を力づけてあげたい」と話した。

 フメディカは医療人道援助を行う団体で、2005年にパキスタン、10年にはハイチで
発生した地震にも医師を派遣した。来日した先遣隊は医師、看護師、コーディネーターら
計6人で、地震発生のわずか4時間後に支援を決め、登録している約1000人の医療
関係者にメールで参加を募った。

 手術用品や医薬品、ガーゼなど段ボール約10箱分の資材を持ち込み被災地に入り、
本部と情報交換し、今後の支援予定を決める。コーディネーターの町井聡さん(41)は
「津波は水がゆっくり引いた直後に襲ってくる可能性が高い。(2次災害にも)気を付けて
ほしい」と被災者へ注意を促した。(2011/03/12-17:02)

 

 

個人的には他国のためにわずか4時間後に方針決定しているところにびっくりしました。その他ドイツ以外にもアメリカ、イギリス、韓国、中国、ニュージーランド等沢山の国々が支援して頂くことになっていますが感謝感謝です。

また東北地震の被災者の皆様のマナーの良さ『信号機が壊れてもお互い順番に譲り合い交互に通行し、お礼のクラクションの音以外耳にしなかった。1900年以降世界でも5番目に大きな地震があったとは思えないほど食品の強奪等一切無い。』世界中で称賛されているとの事ですが、あらためて日本人に生まれてよかったと思いました。

私自身としては買い控えしたりして日本経済の足かせとならないようにしていきます。

今から被災地の名産品とかピックアップしておこうかな。

 

 




 

 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリーアーカイブ