Volkswagen
フォルクスワーゲン鈴鹿・四日市

ショックアブソーバー

イメージ

7人に1人のドライバーが、問題を抱えたまま放置していました。

サスペンションのショックアブソーバーは、走行時の衝撃を緩和して安定感を保つためのシステム。本来の機能が損なわれると、路面の凹凸に過剰に反応したりハンドルの異常振動を引き起こし、緊急時の制動距離も長くなってしまいます。また、フォルクスワーゲン車にはESPやABSなど多くの電子制御システムが搭載されていますが、ショックアブソーバーに問題があると正確に作動できなくなります。ドイツでの調査によると、7人に1人のドライバーが問題を抱えたまま運転しているというデータがあります。ショックアブソーバーは少しずつ消耗していくので、欠陥に気付きにくいパーツです。最低でも6~8万kmごとには検査してください。

イメージ

フォルクスワーゲンの純正ショックアブソーバーは、ここがすごい!

モデルごとの特性に合わせて専用設計されたフォルクスワーゲンの純正ショックアブソーバーは、優れたサスペンションシステムの一部として機能します。路面の凹凸による振動を抑えてトラクションを確保するとともに、優れたコーナリング性能とハンドリング性能をサポート。安全性を維持し、電子制御システムの正確な働きをサポートします。適切に交換すれば、フォルクスワーゲンの特長である高剛性ボディやタイヤの消耗を防ぐので、コストを抑えて長く乗り続けることができます。

純正ショックアブソーバーのメリット

  • サスペンションシステムとの整合性
  • 振動を抑えてトラクションを確保
  • コーナリング性能とハンドリング性能に貢献
  • 電子制御システムの働きをサポート
  • 車両品質を長く保ち、無駄なコストを抑制
エマージェンシーアシスタンス

エマージェンシーアシスタンス

万一の緊急時には365日24時間体制でしっかりとバックアップします。

詳細はこちら