Volkswagen
フォルクスワーゲン鈴鹿・四日市

イメージ

Polo Blue GT Debut!

走りもエコも同時に満たす、新スポーツ・コンパクト。

New Poloに、走行距離と環境性能を両立させた新モデル「Blue GT」が登場。

1.4L TSI®エンジン

1.4L TSI®エンジン

直噴エンジンに小型の水冷式インタークーラー付ターボチャージャーを搭載する1.4L TSI®には、先進の環境技術であるアクティブシリンダーマネジメント(ACT)を採用。先代モデルに比べ、最高出力を10PSアップさせつつ、燃費もよ り向上させました。これにより、Polo BlueGTは低回転から力強く加速するスポーティな走りと優れた燃費性能を発揮。“スポーツ”と“エコ”という相反する性能を高次元で両立します。

総排気量:1,394cc
最高出力:110kW(150PS)/5,000‐6,000rpm(ネット値)
最大トルク:250Nm(25.5kgm)/1,500-3,500rpm(ネット値)

※画像は機構説明用につき実際のものとは一部異なります。

BlueMotion Technology

BlueMotion Technology

“Start/Stopシステム”
信号の多い街中や渋滞時にクルマを停止させた際、ブレーキペダルを踏みつづけると自動的にエンジンが停止。発進の際はブレーキペダルから足を離せばスムー ズに再始動します。また事故防止のため、運転席のシートベルト解除やドアの開閉などを行った場合にはエンジンを再始動させない安全機構が備わっています。

※詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。

“ブレーキエネルギー回生システム”
車両の運動エネルギーを効率的に利用し、燃費の向上につなげるシステム。走行中、ドライバーがアクセルペダルから足を離したり、ブレーキを掛けた際に発生 する減速エネルギーをバッテリーに充電。逆に加速時は充電のためのエンジンへの負荷を低減し、無駄な燃料消費を抑えます。

Photo:ボディカラー:ブルーシルクメタリック(2B)
写真は一部日本仕様と異なる場合があります。

 

 

XDS

XDS

電子制御式ディファレンシャルロック“XDS”/スポーツサスペンション

高速コーナ リング時に駆動輪内側のグリップ不足を検知すると、瞬間的にブレーキをかけて内輪の空転を抑制。トラクションを回復させてアンダーステアを軽減します。ま た、サスペンションには減衰力を高めた専用のスポーツサスペンションを採用。ドライバーの意思に即応する機敏な運動性能と、思い通りのラインを描く卓越し たコーナリング性能を楽しむことができます。

 

7速DSG®トランスミッション

7速DSG®トランスミッション

2つのクラッチを持ち、切れ目のない滑らかな加速を実現するトランスミッション「DSG®」を搭載。オートマチックトランスミッションと同様の簡単な操作 で0.03~0.04秒*というレーシングドライバー並みのシフトチェンジを実現しました。また、素早いシフトチェンジによりパワーのロスも少なく、燃費 の向上にも貢献します。

 

ACC

ACC

アダプティブクルーズコントロール“ACC”[オプション]

高感度レーダーにより先行車を測定。自動で加減速を行い、一定の車間距離を維持することで、長距離走行などでのドライバーの疲労を低減させます。また、このシステムは渋滞などの低速域でも作動し、先行車が完全に停止するまでの範囲で制御が可能*です。

*:本機能は先行車のゆるやかな減速に対応するものであり、急ブレーキによる減速に対応するものではありません。

※オプション設定の詳細につきましては、主要装備表をご確認ください。

プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist Plus”

プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist Plus”

全速度域*においてレーダーで前方の車両との距離を検知。衝突の危険が予測される場合には、警告音・警告灯による注意喚起を行い、ドライバーが回避操作を行わない場合には自動で車両を減速させます。

*:プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist Plus”が“ON”の時、約5km/h以上で前方の交通状況を検知します。

※イラストは機構説明用につき実際のものとは一部異なります。

 

ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”

ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”

ドライバーのステアリング入力や角度をモニタリング。疲労や眠気による急なステアリング操作など、通常の運転パターンと異なる動きを検知して、マルチファンクションインジケーターの表示と警告音で休憩を促します。

※このシステムはドライバーの疲労をどのような状況でも検知できるわけではありません。車速が65km/h未満の場合やカーブ走行時、道路状況、天候状況によってはご使用になれない場合があります。

アクティブシリンダーマネジメント(ACT)

アクティブシリンダーマネジメント(ACT)

Polo BlueGTの1.4L TSI®エンジンに採用された先進の燃費向上技術、それがアクティブシリンダーマネジメントです。これはエンジンの負荷がそれほど大きくない場合に、4気 筒のうち2気筒を休止させて燃費の向上を図るシステム。エンジン回転数が1,250~4,000rpm、発生トルクが25~85Nmの範囲内で作動しま す。これにより無駄な燃料の消費を大幅に削減。機構はスムーズに作動するのでドライブ中に違和感を感じることもありません。

※画像は機構説明用につき実際のものとは一部異なります。

 

マルチコリジョンブレーキシステム

マルチコリジョンブレーキシステム

起こってしまった事故の被害を最小限にとどめるために、衝突時の衝撃を検知することで作動。自動でブレーキをかけて車両を10㎞/h以下になるまで減速*させ、多重事故の危険を低減させます。

*:車両は最大0.6Gの範囲内で減速されます。

※イラストは機構説明用につき実際のものとは一部異なります。

 

Polo Blue GT 全国希望小売価格 2,835,000円

※ナンバープレートは、撮影後の画像処理になります。
※使用している写真は日本仕様と異なる場合がありますのでご了承ください。